Brand Profile
アントワーヌ・プレジウソ
ANTOINE PREZIUSO
アントワーヌ・プレジウソ
卓越したメカニズムと美しさで
世界を魅了するジュネーヴの巨匠

1957年ジュネーヴ生まれ。7歳で機械式時計の組立に成功したという伝説を持ち、17歳でジュネーヴの時計学校に入学、21歳で時計学科、レストレーション学科を主席で卒業した早熟の天才時計師。フランク・ミュラーとは同級生。卒業後、パテック フィリップで最高峰の時計作り、オークションハウス・アンティコルム等で歴史的な傑作時計の修復を経験。1981年に独立し、1993年に自身の名で初の作品を発表。1995年に独立時計師協会の正会員となりバーゼルフェアに初出展し一躍注目を浴びる。複雑機構を複数搭載した超複雑腕時計やオートマタ腕時計を得意とし、常に革新的で美しい時計作りに挑戦を続けている。ハリー・ウィンストンの「オーパス」を筆頭に、時計ブランドとのコラボレーションも行う、現代ジュネーヴを代表する独立時計師界の巨匠のひとり。

■時計動画
■インタビュー

THE ART OF TOURBILLON Ref. ARTWG
ジ アート オブ トゥールビヨン(2011年作品)
天才時計師の情熱と感性が結晶した
究極のトゥールビヨン作品
不世出の天才時計師アブラアン=ルイ・ブレゲが1801年に特許を取得した、数ある複雑機構の中でも最も名高いメカニズム、トゥールビヨン。その魅力は、機械式ムーブメントとして究極の時間精度と、精密機械としての究極の美しさ。この2つの要素にあるといえよう。

時計機構の中で最も複雑かつ精密であり、時を刻む道具の核心部分である脱進調速機機構。その機構全体を動作させながら回転させる。この大胆なアイデアは、時間精度向上のために、高速で常時振動するヒゲゼンマイにかかる地球の重力の影響を平均化させるためのものである。しかし結果としてトゥールビヨンは、卓越した時間精度を腕時計にもたらしただけではなく、優雅に回転するメリーゴーランドのようなダイナミックで美しいアトラクションを付け加えたのだ。

精度と美しさ、このメカニズムの持つ2つの可能性の追求は、天才時計師アントワーヌ・プレジウソのライフワークのひとつ。独立時計師として活動を開始してから、さまざまなトゥールビヨンモデルを製作してきた。 その作品の中でも2002年から製作が続く「ジ アート オブ トゥールビヨン」と名付けられた一連のコレクションは、彼の技術とセンスが凝縮された、最も芸術的な逸品。面取り、ポリッシュ、スケルトンワーク、ジュエリーセッティングによる徹底した美しさの追求。そして精度調整。

手作業で行われるこの工程のひとつひとつに、芸術的な挑戦がある。2011年に製作されたこのユニークピースは、ホワイトゴールドで作られたオープンワーク(表裏スケルトン)の、3次曲面を持つエレガントなトノー型ケースの中に、徹底的なスケルトンワークとエングレービングを手作業で施したオリジナルのトゥールビヨンムーブメントを収めた作品。


その地板は極限まで切り抜かれ、歯車やバネなどムーブメントの部品ひとつひとつが連携する様子や、その動きをケースの表裏から目で楽しむことができる。さらに時刻を知らせる時分針もスケルトンタイプで精密なエングレービングが施されている。その結果、小さなケースの中は、まるで教会のような荘厳な雰囲気となっている。

2万1,600振動/時という、現代の腕時計ではスローなテンプ振動数を採用しながら、大型のテンワ(バランスホイール)を採用することで実現した高精度。さらに画期的な約110時間という長いパワーリザーブ(駆動時間)。
この2つの特徴を持つ、オリジナルの手巻きトゥールビヨンムーブメント「APG(Antoine Preziuso Geneve)/28T」の、メカニズムとしての卓越性もこの作品を語る上では欠かせない大きな魅力のひとつ。

ケース裏側から楽しめる、スケルトン加工が施されたムーブメント。正面からの写真ではいまひとつわかりにくいが、いかに大胆に地板が切り抜かれているか、この角度からぜひご覧頂きたい。
 
現在、世界で製作されている
トゥールビヨンウォッチの中でも、最も優雅で希少な、
時代を超越した芸術作品のひとつである。




THE ART OF TOURBILLON
Ref. ARTWG
ジ アート オブ トゥールビヨン

小売価格

¥50,000,000-

(税込 ¥54,000,000-)


この時計はギャラリーで実物を
ご覧になる事が出来ます。

※ギャラリーは、完全ご予約制になります。




手巻き

チタニウム&ピンクゴールドのオープンワーク(表裏スケルトン)ケース

クロコダイルストラップ
3気圧防水