Brand Profile
アントワーヌ・プレジウソ
ANTOINE PREZIUSO
アントワーヌ・プレジウソ
卓越したメカニズムと美しさで
世界を魅了するジュネーヴの巨匠

1957年ジュネーヴ生まれ。7歳で機械式時計の組立に成功したという伝説を持ち、17歳でジュネーヴの時計学校に入学、21歳で時計学科、レストレーション学科を主席で卒業した早熟の天才時計師。フランク・ミュラーとは同級生。卒業後、パテック フィリップで最高峰の時計作り、オークションハウス・アンティコルム等で歴史的な傑作時計の修復を経験。1981年に独立し、1993年に自身の名で初の作品を発表。1995年に独立時計師協会の正会員となりバーゼルフェアに初出展し一躍注目を浴びる。複雑機構を複数搭載した超複雑腕時計やオートマタ腕時計を得意とし、常に革新的で美しい時計作りに挑戦を続けている。ハリー・ウィンストンの「オーパス」を筆頭に、時計ブランドとのコラボレーションも行う、現代ジュネーヴを代表する独立時計師界の巨匠のひとり。

■時計動画
■時計説明
■インタビュー

Mystery Minute Repeater
ミステリー ミニッツ リピーター(2008年作品) Piece Unieque
角型でスライダーもプッシャーもない!?
常識を破る、驚愕ミニッツリピーター
内蔵のワイヤー状のゴングを小さなハンマーで、「時」や「分」の数だけ正確に、規則正しいリズムで叩いて、時刻を音で知らせるミニッツリピーターウォッチ。このメカニズムには、機構を作動させるためのスライド式スイッチやプッシュボタンが必ずあり、ひと目でミニッツリピーターだと分かるのが常識だ。

このモデルはアントワーヌ・プレジウソ自身が1991年に取得した「回転式ベゼル」の特許を使い製作。スライド式スイッチもプッシュボタンもない、しかも角型という希少なミニッツリピーター ウォッチである。角型ケースのベゼルを右方向に回転させることで、ミニッツリピーター機構が作動する。


また、ホワイトゴールド製角型文字盤の下半分に開けられた窓からは、スモールセコンド(小秒針)を動かすメカニズムを、また文字盤10時位置に開けられた窓からは、ミニッツリピーターのハンマーがゴングを叩く様子を愛でる楽しみもある。角型ケースの中で時を刻む、ミニッツリピーター機能を備えたムーブメントは、100年ほど前のジャガー・ルクルト製のエボーシュ(ベースムーブメント)をフルレストアしたもの。


さらに手作業で芸術的なエングレービング(彫刻)が施されている。こうした作業のおかげで、ジュネーヴの伝統的な時計製作技法を守って製作されたことを公的に保証する「ジュネーヴ・シール(旧規準)」も取得している。

なお、スターリングシルバー製のケースは、ケースバックが開閉式の蓋になっているハンターケースタイプ。



またリュウズの形状も独特だ。
さらに、手作業で製作された針やインデックスの数字の形状もユニーク。
 

製作数はわずか1本。再び製作したくても作ることはできない、プレジウソの作品の中でも非常に希少なタイムピースだ。



Mystery Minute Repeater
ミステリー ミニッツ リピーター

 

ASK

 


この時計はギャラリーで実物を
ご覧になる事が出来ます。

※ギャラリーは、完全ご予約制になります。


手巻き
ケースサイズ45×45mm
スターリングシルバーケース
クロコダイルストラップ
3気圧防水