Brand Profile
アントワーヌ・プレジウソ
ANTOINE PREZIUSO
アントワーヌ・プレジウソ
卓越したメカニズムと美しさで
世界を魅了するジュネーヴの巨匠

1957年ジュネーヴ生まれ。7歳で機械式時計の組立に成功したという伝説を持ち、17歳でジュネーヴの時計学校に入学、21歳で時計学科、レストレーション学科を主席で卒業した早熟の天才時計師。フランク・ミュラーとは同級生。卒業後、パテック フィリップで最高峰の時計作り、オークションハウス・アンティコルム等で歴史的な傑作時計の修復を経験。1981年に独立し、1993年に自身の名で初の作品を発表。1995年に独立時計師協会の正会員となりバーゼルフェアに初出展し一躍注目を浴びる。複雑機構を複数搭載した超複雑腕時計やオートマタ腕時計を得意とし、常に革新的で美しい時計作りに挑戦を続けている。ハリー・ウィンストンの「オーパス」を筆頭に、時計ブランドとのコラボレーションも行う、現代ジュネーヴを代表する独立時計師界の巨匠のひとり。

■時計動画
■時計説明
■インタビュー

Tourbillon Royal
トゥールビヨン ロワイヤル(2008年作品)
アントワーヌ、フロリアン、ローラ
プレジウソ・ファミリーが力を結集して製作した懐中時計のマスターピース。
「王室のトゥールビヨン」という名称そのままの、贅を尽くした、世界でただ一つの懐中時計。

時分針、そしてスモールセコンドのある表側の文字盤には、芸術的で精緻なエングレービング(彫刻加工)と、やはり芸術的で精緻なジュエリーセッティングが施されている。


そして、ケース裏蓋にも美しい切り抜きの装飾加工が施されており、6時位置の窓の部分からはトゥールビヨン機構をいつでも鑑賞することができる。

さらにその裏蓋を開けると、トゥールビヨンに加えて、表側の文字盤と同様に精緻で芸術的なエングレービングが施されたムーブメントの姿も、内側の風防を通して心ゆくまで眺めて楽しめる。

実はこの裏蓋は「時の王家」の城塞に設けられた城門であり、オーナーだけがこの先の「高級時計の神秘」にアクセスすることができる。

そのようなコンセプトで、この懐中時計はデザインされているのだ。

 

なお、このモデルに搭載されているトゥールビヨンムーブメントは「1929年。ジュネーヴ/ジュウ渓谷時計学校」という刻印がある、極めて貴重なもの。

 

 


プレジウソの息子で時計師のフロリアンがレストアを担当した。
またケース裏の装飾加工や文字盤、ムーブメントの装飾のデザインは、プレジウソの娘で、宝飾デザイナーとして活躍するローラ・プレジウソが担当した。

つまりこの芸術的な懐中時計は、芸術的才能に恵まれたプレジウソ一家の希少な共同作品でもある。
 


完璧にレストア(修復)され、さらに徹底的に装飾加工が施された「1929年。ジュネーヴ/ジュウ渓谷時計学校」という刻印があったというトゥールビヨンムーブメント。 おそらく、卒業作品ではないかと推測される



TOURBILLON ROYAL
トゥールビヨン ロワイヤル

小売価格

¥62,000,000-

(税込¥66,960,000-)

ご商談中

この時計はギャラリーで実物を
ご覧になる事が出来ます。

※ギャラリーは、完全ご予約制になります。

 

手巻き
トゥールビヨン
ローズゴールドケース