Brand Profile
クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ
CHRISTIAAN VAN DER KLAAUW
クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ
天文観測で17世紀から長い歴史を持つライデン大学天文台のあるオランダ、ライデンに生まれ、幼い頃から天文学に興味を持つ。

ライデンの機械製作学校を経てクロック製作を学んだ後、1967年にクロックの製作会社に入社。1974年、独立して複雑天文クロックの製作を開始。以降、続々と作品を発表。14世紀頃からヨーロッパで教会のために製作されてきた、さまざまな天体の複雑な動きをメカニズムで再現する天文複雑クロック。この製作の世界的な第一人者として不動の地位を確立。1994年からは、クロックに加えて天文複雑機構を備えたウォッチの製作を開始。さらにその評価を高めた。時計ブランドのための天文複雑機構の開発も行っており、2014年にはヴァン クリーフ&アーペルと、太陽系の惑星の動きを再現した天文ウォッチ「ポエティック アストロノミー」の開発に参画し、改めて世界から注目を浴びた。宇宙の原理を再現する精密機械として生まれた機械式時計。そのルーツと進化を誰よりも体現する偉大な独立時計師である。

CEOのダニエル・レインジェス氏

ヴァン・ダー・クラウ氏との強力な信頼関係の元2009年に同社のCEOに就任。
優秀なデザイナーでもあり、有名宝飾ブランドとのコラボレーションの実現により、ヴァン・ダー・クラウの名を一躍有名にした立役者でもある。

■時計動画
■インタビュー

Real Moon Joure Custom Made White gold with aventurine dial Diamonds bezel 3D-Moon with diamonds
リアルムーン・ジュール(2012年作品)
ダイヤの煌めきを備えた3D(立体)ムーンフェイズ機構が
月の満ち欠けを極めて正確に、かつ美しく表示
独創的なデザインに加えて正確さを極めたムーンフェイズ機構を搭載。
「世界屈指の正確性と美しさ」を誇るムーンフェイズウォッチ。

人類にとって、太陽と共に最も身近な天体である月。その満ち欠けを文字盤上で再現するムーンフェイズ(月齢)表示機構の歴史は長い。機械式時計はそもそも「神が定めたこの世界の法則を再現する、聖なる機械」として誕生した。当初、それは日の出から始まり、日の入りに終わる1日という時間周期を再現するものだった。しかし13世紀頃には、神と教会の権威を象徴する装置として、時間に加えて月や太陽、星座など天空の動きをメカニズムで再現する天文コンプリケーション機構を搭載した塔時計やクロックが時計師たちの手で競って製作され、教会の塔や大聖堂を飾るようになる。

こうした天文コンプリケーション機構の中でもムーンフェイズ表示機構は最もベーシックなもので、機械式でもクォーツ式モデルでも、この機構を備える腕時計は非常に多い。そのため、ごくありふれた簡単な表示機構と捉えられている。


しかしムーンフェイズ表示は、機能的にはシンプルだがメカニズムとして奥が深い。なぜなら、表示が正確なものを作るのはとても難しいからだ。実は一般的なムーンフェイズ表示は簡易的でかなり不正確なものなのである。その理由は、月が地球の周りを回る周期がシンプルではなく、非常に微妙な数字であるからだ。現代の天文学が明らかにした周期は、約29.530588853日。この周期を機械的に正確に実現するのは現代でも非常に難しい。より正確なムーンフェイズ表示機構を開発することは、時計技術者にとって依然として大きな課題のひとつである。



クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウが独自開発した「リアル・ムーン」モジュールを搭載するこのムーンフェイズ表示機構付きの作品は、この課題に対する最も優れた解答のひとつだ。表示誤差は「千百年に1日」。現代の機械式腕時計として極限に迫る正確性を誇る傑作と言えよう。「リアル・ムーン」という名前を体現した美しい表示方法、さらにモジュールに加えられた贅沢な装飾も、この作品の特別な魅力である。

月の表示を一般的なディスク表示ではなく3D(立体)化、つまり月そのままの球体として文字盤上に出現させ、さらに特別仕様としてこの3Dムーンにもダイヤモンドを美しくセッティングすることで、極上の輝きを与えたのだ。 星空のようなアヴェンチュリンガラス製の文字盤の中で煌めく月。眺めているといつしか、一面の星空の下、輝く月を鑑賞しているような気持ちになる、そんな魅力がこの腕時計にはある。


ホワイトゴールド製ケースのベゼルにも、世界で3本指に入る最高峰の技術者が最高品質のブリリアントカットダイヤモンドを2列セッティングし、アヴェンチュリンガラス製文字盤と3Dムーンによるムーンフェイズ表示の美しさを一層引き立てている。
シースルーのケースバックから楽しめる自動巻きムーブメント。「リアルムーン・ローター」と名付けられた巻き上げローターの凝った意匠、仕上げの美しさもこの作品の魅力。半円形のローターには星型の穴が開けられ。精密で美しいギョーシェ加工が施される。さらにその回転軸の周囲には太陽がモチーフのリング、その外周部中央には表面のクレーターをリアルに再現した月型のウエイトがセットされる。回転軸やムーブメントの受けを固定するブルースチール製ネジと軸受けである人工ルビーの色合わせも美しい。

ロンドンに本拠を置く著名な時計ウェブサイト
「0024 watchworld.com」が主催する、優れた時計に贈られる 「ヨーロッパ・ウォッチ・オブ・ザ・イヤー 2014」受賞作品。



Real Moon Joure Custom Made White gold with aventurine dial Diamonds bezel 3D-Moon with diamonds
リアルムーン・ジュール

小売価格

¥12,000,000-

(税込¥12,960,000-)


この時計はギャラリーで実物を
ご覧になる事が出来ます。

※ギャラリーは、完全ご予約制になります。


自動巻き
ケース径40mm

ベゼルに2列のブリリアントカットダイヤモンドをセッティングした18Kホワイトゴールドケース

シースルーバック
パワーリザーブ約96時間
アリゲーターストラップ

ワインダー(ゼンマイ巻き上げ装置)
付きのスペシャルボックス付属