Brand Profile
スヴェン・アンデルセン
SVEND ANDERSEN
スヴェン・アンデルセン
複雑時計開発の伝説的天才であり
独立時計師の先駆者にして
「育ての親」

1942年デンマーク生まれ。時計学校で4年間学んで時計師の資格を取得後、1963年にスイスへ。名門時計店ギュブランのレストア部門で頭角を表し、パテック フィリップの複雑時計開発部門にスカウトされ活躍。さらにケースメーカーに参画するなど、時計製作についてさらに造詣を深めた後、満を持して自身の工房とブランドを設立。自身の作品製作を行う一方で、有名ブランドから開発の委託や協力要請を受け、複雑機構開発のスペシャリストとして永久カレンダー機構やレトログラード機構など多彩な複雑機構の開発やスペシャルピースの開発・製造を担当。数多くの名作を世に送り出してきた。独立時計師という存在を時計界で確立し、その地位を築いた最大の功労者のひとり。さらに時計界の未来を担う後継者の育成にも力を注ぎ、スイス時計界で活躍する人材を多数育てた。独立時計師界の「育ての親」ともいえる存在である。

■時計動画
■インタビュー

Unique Piece No. 605 Minutes Repeater Perpetual Calendar
ミニッツリピーター パーペチュアルカレンダー ユニークピース No.605 (2013年発表)
オールドムーブメントをベースに製作された
独創のミニッツリピーター パーペチュアルカレンダー
アンティーククロックやウォッチのレストレーション(修復)は、多くの独立時計師にとってひとつの原点であり、非常に重要なキャリアのひとつである。

温故知新、つまり古き良き時計の世界とその叡智を知ることは、豊かなクリエーションに不可欠なことだからだ。

永久カレンダーやワールドタイムをはじめとする複雑機構開発のスペシャリストとして活躍してきたアンデルセンにとっても、レストレーションはやはり原点。しかも、スイスにおける活動の原点である。
1960年代初め、デンマークからスイスに渡った巨匠がスイス時計界に認められたのは、老舗時計店のレストア部門での卓越した仕事ぶりからだった。

深みと味わいのあるブルー文字盤のこのミニッツリピーター パーペチュアルカレンダーは、そんな巨匠の足跡を象徴するユニークピース。


1920年代に製造された名門ジャガー・ルクルト製のミニッツリピーター ムーブメントを完璧にレストア。さらに独自開発の永久カレンダーモジュールを組み合わせたものだ。


文字盤には永久カレンダーを彷彿させるカレンダー表示もなく、またケースにはスライダー(作動レバー)やプッシュボタンもない。そのため、一見しただけでは永久カレンダー、ミニッツリピーターにはとても見えない。だが永久カレンダーの日付と月の表示は実は時分針と同軸の、それよりも短く色の違うブルーゴールド製の2本の針が担う。


具体的には、日付表示は文字盤外周の数字長い針との組み合わせで、月表示も同軸の針とアワーインデックスの組合せ(アワーインデックスの数字が、そのまま月表示を兼ねている)。永久カレンダーには欠かせないうるう年の表示は、6時のインデックスのアラビア数字「6」の中の横線の数で行われる。


ミニッツリピーター機能は、ベゼルを回転させることで作動させることができる。
 
永久カレンダーの2本の表示針と同じ、アンデルセンのスペシャリティーである「ブルーゴールド」製の文字盤の、他の素材では実現できないノーブルな美しい色合いもこのモデルの大きな魅力。
 
スヴェン・アンデルセンの中でも、特にユニークで美しい作品である。



Unique Piece No. 605
Minutes Repeater Perpetual Calendar
ミニッツリピーター
パーペチュアルカレンダー
ユニークピース No.605

 

ASK

 

この時計はギャラリーで実物を
ご覧になる事が出来ます。

※ギャラリーは、完全ご予約制になります。

 
手巻き

ホワイトゴールド&
ピンクゴールドケース

シースルーバック
アリゲーターストラップ