2017年5月7日 (日曜日)
Basel World 2017 (2)

みなさま、こんにちは。

関東ではゴールデンウィーク連日良いお天気でしたね。

 

さて今日は、バーゼルワールドの続きをレポートいたします。

前回は3日目までをダイジェストでご紹介いたしました。

 

4日目(3月27日)はまず午前中から、カリ・ヴティライネン氏のブースへお邪魔しました。

※お写真はAHCI撮影のものをお借りしました。

 

今年はブティライネン氏の時計を日本で唯一扱われている林氏も一緒にお話しをして頂き、新作の魅力をたっぷりご紹介いただきました。

 

前作の「翡翠」に引き続き蒔絵や螺鈿を駆使した美しい「秋の暮れ」という作品でした。

 

そしてさらにこちらのシンプルなブルーのギョーシエダイアル作品も素敵でした。

 

女性の腕にもしっくりくる大きさです。

 

最近のお客様の傾向では女性も大きめのケースがいいですという方が多いように感じますが、こちらは小さすぎず大きすぎずのしっくりサイズです。

 

******

 

ヴティライネン氏の後はミキ・エレタ氏とのミーティングのためにAHCIブースへ。

 
エレタ氏は今回、昨年発表の「UFO」も含めて3作品展示していました。

 

 

※こちらのお写真もAHCIからお借りしました。

 
今回は通訳で娘さんが同行されていました。
とても素敵な方です。

 

この昨年の新作UFOはちょうど私がウェブサイト用の動画を撮る取材で工房を訪れた時に、トゥールビヨンの部分のパーツを試作しているところでしたので何度見ても懐かしい気持ちがします。

 

エレタ氏は一週間後、14日(日曜日)に来日イベントを行いますのでお楽しみに!

 

******

 

その後は「ドゥ・ベトゥーン」の担当者とお会いし、10本以上の実機を見せて頂きました。

 

ドゥ・ベトゥーンは日本でもすでに取扱いがありますのでご存知の方も多いかと思いますが、時計界の重鎮と言われるデヴィット・ゼネッタ氏と、天才時計師デニス・フラジョレ氏が15年前に創設したブランドです。

こちらのパーペチュアルカレンダー付きのモデルが個人的に一番気に入っています。

 

また、このブランドのシグネチャーでもある、チタンを焼き付けた魅力的なブルーダイアルもとても印象的です。

 

このブランドの魅力は、外観の美しさだけではなく、たとえばシリコン製のひげゼンマイを使用して温度や磁気の影響を受けにくい素材を追求する姿勢など、時計機構そのものにも深いこだわりを感じさせる点であり、独立系ブランドの良さが凝縮されていました。

 

また、お話の中でカスタマイズに関してもとても積極的で、弊社の自動巻きコレクターのお客様のために、手巻きモデルも自動巻きに出来る限りカスタマイズしてくださるというお話も頂きました。

 

近いうちに、こちらのブランドの魅力を詳しくご紹介したいと思っております。

 

*******

 

この日は最後に、アンデルセン・ジュネーヴのCEO、アシュリマン氏と会食でした。

 

アンデルセン氏ご本人は、ちょうどこのバーゼル期間中に金婚式のお祝いを迎えるとのことで、家族でお祝いをするためにジュネーブに戻られていて、今回は初日に少しお話をさせて頂いたのみでした。

 

相変わらずお元気なアンデルセン氏。AHCIの活動も積極的にされており、今回はアンデルセン氏が自宅と工房で保管するAHCIメンバーにまつわる膨大な量の書籍・雑誌をデジタルアーカイブにするために基金を募っているの言うお話もお聞きしました。

 

一部見せて頂いたこともあるのですが、AHCIメンバーの若かりし頃の写真がたくさん掲載されており、80年代に苦しい時代から立ち上がったころの時計師たちの凛々しい姿を垣間見ることが出来る貴重な資料達です。

 

CEOのアシュリマン氏は、時計師ではない難しい立場で独立時計師のブランドを後世に残していくという非常に難しい点に挑戦している一人です。

 

私とも年齢が近く、もともと出身が金融系という共通点もあり、お会いするたびに経営面などの様々なお話をさせて頂き、充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

独立時計師たちも、初期のメンバーたちは年齢的にも世代交代の時期を迎え初め、それぞれの道を模索しています。

 

この問題を超えることにより、一人の時計師の一代限りで終わってしまうのではないかというユーザーの皆様からの不安な点を払しょくすることになりますので、みな真剣に取り組んでいます。

 

弊社でも、独立時計師ブランドを選定する際、ブランド継承についてもしっかりとした考え方を持っている点を重要視しております。

 

硬いお話のあとは、ディナー風景を少し。

 

スイスに来ると食べたくなる「タルタルステーキ」。

 

いわゆるお肉(生肉)のたたきですね。

 

日本では生肉を頂くことが制限されているため、たまにしかメニューに見かけませんが、スイスではポピュラーなメニューで、とても美味しいです!!

 

スープ、カブだったでしょうか・・・。

 

デザートはみんなでシェアしました。

メレンゲのデザート。

スイスでは定番のようです。

 

4日目も、時計師たちのあふれる情熱と、たくさんの情報を頭と心にたっぷり詰め込んで宿に戻りました。

 

次回は5日目以降をレポートします!