2018年2月22日 (木曜日)
独立時計師 ダヴィッド・カンドー氏 来日イベント開催!

みなさま、こんばんは。

 

早速ですが、イベントの告知です!

 

独立時計師ダヴィッド・カンドー氏が初来日することになりました!

 

 

 

今年の新作を携えて、バーゼルワールドより早く、ここ日本で新作実機をご覧頂けるという夢のような機会です。

 

先日のSIHHにてご本人とお話をし、日本での「プレバーゼル」イベントが実現しました。

 

 

日時:3月16日(金曜日)午後4時より午後8時ごろまで

場所:ステラ・タイムピースギャラリー銀座

(お申し込みの方に詳細住所をお知らせいたします)

 

D.Candaux The First 8  CHF 216,800.00-

(日本円価格 税抜約2,515万円)

※価格はご購入時の為替相場により変動いたします。

 

このモデル及びこちらの新作バージョンが来日します。

新作発表になり次第、再度お知らせいたします!

 

 

1740 The first 8

 

◆ケージが3%、ケージに対してテンプが30%傾斜の2側面トゥールビヨン搭載

◆手巻き、21,600振動、47石、部品数309

◆ムーブメント直径35mm、高さ6.2mm

◆ムーブメント素材:チタンプレート・ブリッジ、トゥールビヨンケージ(一部ブルーチタン)、脱進機はポリッシュスチール

◆手作業によるアングラージュ(面取り)および特別磨き「コート・ド・ソリア」

◆秒針は5秒ごと(30度)のジャンピングセコンドがコンスタントフォース機能となっている

◆12時位置にパワーリザーブインジケーター

◆最高精度のために振り角250度一定を確保。

◆パワーリザーブ 約55時間(十分なパワーがなくなると自動的に停止)

◆カムシャフトシステムによるパワーリザーブ表示(特許出願中)

◆シークレットクラウン(プッシュアップ式クラウン、特許出願中)

◆ダイアル:18金ローズゴールド グレーゴールドとグランフーエナメルの文字盤

◆ケース径43mm 高さ12.65mm First 8(8本)はステンレススチールケース

◆3気圧防水

◆アリゲーターストラップ

◆ピンバックル

 

コート・ド・ソリア

コート・ド・ジュネーブの上をゆく、非常に繊細なポリッシングです。

実物をご覧いただくと、その美しさがお分かりいただけます。

(大きく波打って見えますが、実際には凹凸はほぼありません)

 

繊細なペルラージュ、しかしこれは部品の裏側。

普段見えないところにもうつくしい仕上げを施すところもスイス伝統時計師たちのこだわりです。

 

 

ダヴィッド・カンドー氏

 

ジャガー・ルクルトにて17年間時計師を務め独立。

その後7年間、時計修復等の仕事をしながら自身の時計を開発し、満を持して2017年バーゼルワールドにて発表。

同時にAHCI(独立時計師協会)の準会員へ登録。

ともに働く父は、もとパテックフィリップのコンプリケーション専属時計師。

25年間温め続けた作品にはさまざまな研究を重ねた上での現代的な技術もあり、一方でスイスの時計制作の伝統技法も守り抜く。

アトリエ兼自宅は、かのフィリップ・デュフォー氏のすぐそば。

 

今回は、カンドー氏のお父様も同時来日!

パテックフィリップ時代のお話も伺えるかもしれません^^

 

イベントではフランス語通訳がおりますので、様々な質問もしていただけます。

 

 

イベントお申込み期限: 3月9日(金曜日)

お申込みはWEBサイトのギャラリーご予約フォームよりお願い致します。

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

カンドー氏の作品の他、常時取扱いの6ブランド+1(サルパネヴァ)の時計もご覧いただけます。

ギャラリーになかなかお越しいただくチャンスが無かった方も是非、ご参加ください。

 

皆様のお越しをお待ち申し上げております。