2016年10月3日 (月曜日)
アンティーク懐中時計美術館(15)

みなさま、こんばんは。

少しブログをお休みしている間に、10月になってしまいました。

今年も残すところあと3か月、早いですね。

これから一気に気温も下がって秋めいてくることでしょう。

 

秋といえば芸術の秋、新国立美術館ではダリ展も開催していますが、すてきな美術品に触れて心に栄養を補給されてはいかがでしょうか。

 

ステラギャラリーでも美しい時計を多数ご覧いただけます。

是非、お越しくださいませ。

 

本日の時計美術館はこちらの時計をご紹介いたします。

 

J. H. Wiedeking 社製 アンティークポケットウォッチ(22金)

ペアケース オープンフェイス キーワウンド ヴァージウォッチ

1760年製

 

img_9169

オランダ(ユトレヒト)J. H. Wiedeking 社製、ケース径 37ミリと小ぶりな懐中時計です。

 

img_9171

そしてこの時計はダブルケースになっています。

 

img_9179

外ケースの彫金は「レポゼ彫金」と呼ばれ、打ち出し技法のことを指します。

 

img_9181

ケース裏からこのように打ち出しているのですね。

非常に美しい彫金が施されています。

これで1700年代ですから、驚いてしまいます。

 

img_9182

鍵巻式で、この文字盤の裏にヴァージ式のムーブメントが見えるはずなのですが、ギャラリーには工具がありませんので開けずにそっとしております。

 

ちなみに、内ケースの透明蓋部分はプラスチック製のようなので、破損して作り変えている可能性が高いものです。

オーバーホールの際に、スイスの時計師にオリジナルに近いものに交換可能か確認したいと思います。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー