2017年5月4日 (木曜日)
独立時計師 ミキ・エレタ氏 来日イベント開催致します!!

みなさま、こんにちは。

 

GW真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。

 

先月に引き続き、5月も弊社ギャラリーにてイベントを行います

今回は独立時計師 ミキ・エレタ氏が来日します。

 

 

今回は、「トレスカラコレス」の納品式のために来日しますが、弊社ギャラリーでも人気の高かったこの「トレスカラコレス」をご覧頂く最後の機会となります。

 


トレスカラコレス

 

さらに、現在展示中の「ヒポカンポス」に引き続き、もう一点「No26」という振り子時計も新しく展示致します。

 

ミキ・エレタ氏は、現在までにキネティックアート(動く芸術)作品が80点、それに加えて時計機能が付いた作品を33点発表しておりますが、そのうちの貴重な3点が弊社ギャラリーにてご覧いただけます。

 

また同じ作品は2つ作らないというポリシーのもと、常に斬新なアイディアとデザインを生み出しているミキ・エレタ氏の世界観を感じにいらしてください。

 

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

 
 

ご参加ご希望の方は、下記のお問合せフォームよりお申し込みくださいませ。
 

 

独立時計師 ミキ・エレタ氏 来日イベント

 

場所 : ステラ・タイムピースギャラリー(銀座)
時間 : 14:00~18:00
     (オードブル及びウェルカムドリンクをご用意しております)

 
 

お問合せフォーム  https://stella-polare.co.jp/contents/form_co

 


2017年4月26日 (水曜日)
クリストフ・クラレ氏 来日イベント!

みなさま、こんばんは。

 

バーゼルワールド2017のご案内がなかなかできぬまま4月が終わろうとしております。

 

時間がたつのは早いですね・・・。

 

バーゼルレポートはまた続きを書きますが、本日は先週末に行われたイベントについてご報告したいと思います。

 

今回のイベントは、私の良き友人である女性社長が日本と中国でのクリストフ・クラレ時計イベントを企画されたので、日本では弊社ギャラリーを会場として頂くことになりました。

 

パネル

当日は、弊社ギャラリー奥のショーケース3台を使って、クリストフ・クラレワールドを作りました。

039

クリストフ・クラレ氏。

 

196

今回は全部で7本の時計を持ってきてくださいました。

 

111

クラレ氏の時計解説に、みなさま真剣に聞き入っていました。

 

無題

最終的にはスタッフ合わせて20人近くになり、小さなギャラリーは手狭でしたが椅子の配置を変えていましたので少しは広く使って頂けたのではないかと思います。

138

ユニークピースを手に取らせていただいて・・・

みなさん、グローブを借りてドキドキ・・・。

 

097

ポーカー。

ダイアル上でポーカーが3人でプレイできます。

カードはそれぞれの位置からしか見えないようにブラインドがついています。

 

096

ケースサイドからも・・・ふむふむ、かっこいい。

 

188

レディースウォッチ、Marguerite。

自動巻きのローターが繊細な作りなのでケースバックにも思わずうっとり。

155

Margotもとても素敵でした。

花占いにある偶然性を再現するためにとても複雑な時計機構が使われています。

 

100

お写真も皆様それぞれに撮られていました。

 

 

どれもみな美しく、そして機能性とエンターテイメント性にあふれる素晴らしい時計ばかりでした。

 

弊社で取り扱っている6ブランドとはまた違った、独立時計師の世界観を皆様にお伝えできたのではないかと思います。

 

 

 

次回のイベントは、5月14日(日曜日)

ミキ・エレタ氏が来日します。

 

「トレスカラコレス」をご覧いただける最後のチャンスです。

 

ご参加ご希望の方は、是非お問い合わせフォームまたはメールにてご連絡くださいませ。

 

お問い合わせフォーム

https://www.stella-polare.co.jp/contents/form_co/index.html

 

 

 

 

 


2017年3月27日 (月曜日)
Basel World 2017 (1)

みなさま、こんにちは。

 

バーゼルワールド2017、参加3日目が無事終わりました。

IMG_3619

 

1・2日目は主に今回メインのクリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ社とのミーティング。

IMG_3594

独立時計師ブランドは、そのほとんどが在庫を持たない受注生産となりCVDKも同じなのですが、毎年このバーゼルワールドに合わせて最大数の実機を用意してくれますので、ここではたくさんの作品を一度に見ることのできる年に一度の貴重な機会となっています。

 

そして、いよいよ新作とのご対面!!

 

IMG_3721

リアルムーン ステラ ネビュラの実機は、想像以上に美しい仕上がりでした。

 

IMG_3724

IMG_3723

IMG_3722

 

この作品は、アンモライト宝石を今まで最高に薄く加工をしなくてはならず、制作に困難続きでした。

思考錯誤の結果この美しい時計が出来上がりました。

日本で皆様にお披露目できるのがとても楽しみです。

 

IMG_3592

AHCI(独立時計師協会)のブースは相変わらずの人だかり。

 

でも、時計師たちにとても優しく迎えて頂きました。

IMG_3611

カウンターでコーヒーを頂いていたら、手作りアップルパイとバーゼルの伝統的なBasler Leckerlyを頂きました。

 

夕方になるとワインが振舞われることもあります。

 

各時計師たちと、有意義なミーティングを繰り広げ、あまりに集中しすぎてヘトヘトになりますが、素晴らしい作品をたくさん見ることができますのでとても幸せな時間です。

 

本日までに下記のブランドとミーティングをすることができました。

(敬称略)

 

クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ

アントワーヌ・プレジウソ

ステパン・サルパネヴァ

ベアト・ハルディマン

クリストフ・クラレ

アンデルセン・ジュネーヴ

ヴィンセント・カラプレーゼ

菊野昌宏

フロリアン・シュルンプ(AHCIゲスト)

 

そして!!

 

今回はとてもうれしいことに、フィリップ・デュフォー氏にもお会いすることができました。

 

デュフォー氏が注目の若手時計師のお話などもお聞きでき、とても素晴らしい機会でした。

 

また改めて記事にしたいと思います。

 

それでは、後半戦も頑張って参ります!!

 

 

インスタグラムも始めました!

是非ご覧くださいませ。

https://www.instagram.com/stellapolare2016/

 

 

 

 

 


2017年2月3日 (金曜日)
2017年 本年もよろしくお願いいたします!!

みなさま、ご無沙汰しております。

2017年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ご挨拶が遅くなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

ステラ・ポラーレは昨年末からおかげさまで慌ただしい毎日を送っております。

 

 

近況報告を少し・・・

 

年末には、ミキ・エレタ氏の「トレス・カラコレス」のご希望を正式に頂きました。

この5月には正式にお客様のもとへお届けすることになります。

ステラ・ポラーレでは納品等もしっかりとさせて頂くため、

5月にはミキ・エレタ氏ご本人が来日します。

来日に合わせ、イベントも開催予定ですのでお楽しみに!!

 

また、最近ではパテックフィリップのアンティーク懐中時計・ペンダントウォッチへのご希望も頂いております。

image

1910年製のペンダントウォッチです。

 

状態も良く、デザインもとても素敵ですので実際にアクセサリーとして使用して頂くことが出来ます。

 

昨年、富裕層の方が集まるクリスマスパーティにてプロモーション用で身に着けましたが、多くの方の目に留まったようで、とても好評でした。

来週、ご興味のあるというご婦人にお見せしますので、気に入っていただけたらいいなと思っております。

 

バーゼルフェアも近づいており、会期中の予定もだいぶ煮詰まって参りました。

 

今年も、独立時計師たちの様々なニュースをお伝えして参りますのでご期待ください!

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 

 

 

 

 

 


2016年12月24日 (土曜日)
メリークリスマス!!

みなさま、こんにちは。

 

お久しぶりの投稿となりますが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

今日はクリスマスイヴですね。

 

ギャラリーオープンから初めてのクリスマスを迎えましたが、ステラ・ギャラリーでもこの12月はささやかながらクリスマスツリーを展示しました。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

嬉しいことに、29日までお客様のご来店ご予約を頂いていますので、日本式に25日を過ぎたらツリーを仕舞いお正月飾りにするか、それとも欧米式に年明けまで飾っておくか・・・

 

悩ましいところです・・・

 

初年度から、多くのお客様にお越し頂き、とてもうれしい限りです。

ご来店いただきました皆様、本当にありがとうございます。

 

まだ、お越し頂いていない皆様、来年こそは是非お越しくださいませ!

 

 

独立時計師の時計は、自分で言うのもなんですが・・・

とてもマニアックな作品が多い世界ですので、やはり実物をご覧頂き、よくよく悩んで頂くのも必要と実感しました。

 

先日、お求めいただきましたお客様は、最終決定までほぼ一年越しでした!!

 

ユニークピースや限定モデルは早い者勝ちなので悩ましいところですが、そのほかの作品に関しては何度も実機をご覧いただき、楽しく悩んで、是非コレクションに加えて頂ければと思っております。

 

2017年も、ますます、魅力的なタイムピースたちをお届けできますよう精進してまいります。

 

ご期待くださいませ!!

 

サンタさんが、寒気も一緒に連れてきたようです。

 

今年は気温差が激しいですので、みなさまどうぞお風邪など召されませぬよう

 

素敵なクリスマスをお過ごしください!!

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 

 

 

 


2016年11月11日 (金曜日)
ジュネーヴ・グランプリ2016 発表!

みなさま、こんにちは。

 

11月10日午後6時30分(日本時間の真夜中)にジュネーヴグランプリの発表がありました。

3_s

 

1_s

 

ステラ・ポラーレが扱い中の2ブランド、ルドヴィック・バルアーとアンデルセンが最終ノミネートに残っていましたが、残念ながら各部門のグランプリ受賞は逃しました。

 

しかし、そうそうたるブランドが並ぶ中、すばらしい健闘ぶりであったと思っています。

 

さっそく2つのブランドに、メッセージを送りました。

 

 

女性向けハイメカ部門は、グランプリとしてジラール・ペルゴのキャッツアイトゥールビヨンが選ばれました。

 

t_99490d53a706_ck6a_s

画像ではわかりにくいですが、ダイアルはマザーオブパールとなっていて、実物はさらに美しいものだと思います。

 

トゥールビヨンを「キャッツアイ」と名付けてしまうセンスの良さも素敵ですね。

 

一方、カレンダー部門ではMB&Fのレガシーマシーンパーペチュアルが選ばれました。

lm_perpetual_rvb_s

こちらも、ダイアルなしのスケルトンデザインで、カレンダーメカニズムを目の当たりにできるところが凄いですね。

 

 

ちなみに全体グランプリはこちらの作品です。

chronome%ef%be%8c%c2%80tre-ferdinand-berthoud-fb-1-1-white-fb-1_s

フェルディナント・ベルトゥー

クロノメトリー フェルディナント ベルトゥー FB1

 

 

 

こちらのページで、各部門受賞作品をご覧いただけます。

受賞作品

http://www.gphg.org/horlogerie/en/prize-list-16

 

トップページ

http://www.gphg.org/horlogerie/en

 

ludovic-ballouard_upside_down

ルドヴィック・バルアーアップサイドダウン「アールデコ」は

 

06_03_06_info_mini

日本ではこちらがご覧いただけます。

24本限定版、アップサイドダウン マザーオブパールダイアル。

(12本:レッドゴールドケース、12本:プラチナケース)

 

 

img_8481

アンデルセン・ジュネーヴ

20周年記念セキュラパーペチュアルカレンダー(ブルーゴールド)は

 

04_02_02_info_mini

日本では、シンプルな旧ヴァージョン(プラチナケース)をご覧いただけます。

シャープなラグのデザインにも注目です!!

 

是非一度、彼らの素晴らしい作品を観にいらしてください。

 

 

お問い合わせはこちら
https://stella-polare.co.jp/contents/form_co/index.html


株式会社ステラ・ポラーレ
ステラ・タイムピースギャラリー

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年9月26日 (月曜日)
アンティーク懐中時計美術館(13)

みなさま、こんばんは。

本日の時計美術館はこちらのペンダントウォッチをご紹介します。

 

C.H. MEYLAN 製  アンティーク ペンダントウォッチ 1910年製

 

image

 

プラチナの繊細な装飾が施してあり、金・エナメルのミニアチュールオープンフェイスが魅力的です。

 

image

 

ヘッド部分は取り外しもできます。

時計側を表にして付けることも可能です。

 

image

 

チェーンにもダイヤモンドが施されています。

 

image

 

ダイアルも非常に美しく繊細です。

 

image

 

C.H. MEYLAN(メイラン)社はスイスのハイグレード時計メーカーで、パテックフィリップに引けを取らない技術を持った高級時計メーカ―でした。

 

そのメイラン社のムーブメントを搭載し、非常に繊細なレースのようなプラチナ装飾にメレダイアモンドを施してあり、非常に美しいペンダントウォッチです。

 

細部にわたり、状態が非常に良く、アンティークジュエリーともいえる逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 

 

 


2016年9月15日 (木曜日)
中秋の名月に・・・美しいムーンフェイズを!

みなさま、本日は中秋の名月ですね。

 

北海道、東北、沖縄にお住いの方以外は、残念ながら曇り空で美しいお月様を眺められませんが、ここで美しいムーンフェイズをご覧いただきましょう。

 

image

 

完璧なペアウォッチ!!

クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウの「リアルムーンジュール」「レディオリオン」、どちらもダイアモンド特別ヴァージョンです。

 

ご夫婦で・・・カップルで・・・

この美しいタイムピースを「ペア」で楽しんでみませんか。

 

 

 

 

ギャラリーのご予約はこちらからどうぞ

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 


2016年9月14日 (水曜日)
ジュネーヴ・グランプリ2016 最終ノミネート作品 アップサイドダウン ルドヴィック・バルアー

みなさま、こんにちは。

 

今年のジュネーヴ・グランプリの最終ノミネート作品に、弊社取扱いブランドの一つである、「ルドヴィック・バルアー」のアップサイドダウン/アール・デコ(特別限定版)が選ばれました。

 

image

 

本年6月に、同作品がルクセンブルグのウォッチフェアで特別賞を受賞した際にこちらのトピックスでもご紹介しましたが、ジュネーヴグランプリでも女性向け高級機械時計部門でノミネートしております。

 

ルドヴィック・バルアーの作品は、弊社ステラタイムピースギャラリーでの展示が日本初上陸となっており、日本ではここでしか見ることが出来ません。

 

また、弊社にてご紹介中の「マザーオブパール」を使用したヴァージョンは世界でゴールド12本、プラチナ12本限定となっており、現在では日本でしか買うことが出来ないモデルとなっております。

 

06_01_07_info_mini

※写真は、プラチナのユニークピース(一点もの)

 

 

この「アップサイドダウン」は、毎正時に該当する時刻の数字だけが正しく読め、残りの11個の数字はすべてひっくり返って(アップサイドダウン)いるのが特徴です。

 

数字が正しい位置に表示されると、すぐ横に目印となる黒点も表示されますので、時計としての視認性も良く、とてもユニークな機構です。

 

さらにダイアルに施された繊細なマザーオブパールの装飾は、上品かつ美しい光を放ちます。

 

男性にも女性にもお持ち頂ける、美しいタイムピースを是非一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ギャラリーのご予約はこちらからどうぞ

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー


2016年9月13日 (火曜日)
アンティーク懐中時計美術館(2)

みなさま、こんにちは。

本日の「時計の美術館」では、もう一つのミニッツリピーターを詳しくご紹介します。

 

パテックフィリップ アンティークポケットウォッチ(18金)

ミニッツリピーター、スプリットセコンズクロノグラフ

レバーウォッチ 1903年製

 

image

 

こちらも、スプリットセコンズ(針が2本ありそれぞれに分かれて動作する)クロノグラフの美しい針がお分かり頂けるでしょうか。

 

image

 

こちらもゴールドのキュヴェット(内蓋)がついています。

 

image

 

昨日のものより、一回り小ぶりですが、ムーブメントもとても美しいですね。

 

image

 

キュヴェットの彫刻も綺麗に施されています。

すべて手彫りですので、ここからも技術の高さが伺えます。

1904年2月26日にプレゼントとして贈られたもののようです。

 

 

image

 

 

110年以上前の物とは思えないほど状態が良く、リピーティングも美しい音色です。

 

ミニッツリピーターは懐中時計の最高峰。

 

時計のコレクターの方々はこの美しい音色に魅了され続けています。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー