2016年10月19日 (水曜日)
寄稿「なぜ僕はバルアーのアップサイドダウンを買ったか」~高級時計専門サイト Quill & Pad より~

みなさま、こんばんは。

昨日までは高級時計専門サイトQuill & Pad による「ジュネーブグランプリ
女性向けハイメカ部門受賞者予想」の記事にて取り上げられていた
ルドヴィック・バルアーのアップサイドダウンについての記事を要約して
お届けいたしました。

本日は、寄稿者の一人である時計のトップコレクターギャリーゲッツ氏による
「なぜ僕はバルアーのアップサイドダウンを買ったか」という記事について
要約してご紹介いたします。

記事の原文はこちらです
Why I Bought It: Ludovic Ballouard Upside Down, by GaryG 


****

物珍しい腕時計とクラシックなタイムピースの違いとは何だろう。
とても目新しくて物珍しいものでありながら、どんな場にも着けられて
しかも、これから何年先になってもその価値が認められる腕時計など
存在するのだろうか?

自分はまさにそのような時計を持っている。

それはバルアーの「アップサイドダウン」だ。

クラシックなデザインと画期的な技術イノベーションの両方を
持ち合わせた作品で、「変わった時計」でありながら、時間を
経ても価値が落ちない。

なぜ買ったか。

この作品を買ったのは、バルアーのものすごい創造性をサポートする
パトロンの気持ちと、その創造性の成果を自分も分かち合いたい
という欲望の両方からだといえる。

親しい友人はバルアーがまだFPジュルヌの伝説的なJourne Sonnerie
Souveraine を3年かけて設計してから、ジュルヌの工房を辞めて
独立したばかりの2009年に作った初期のアップサイドダウンを持っている。

当時、自分はバルアーの作品に興味を持ちながらも、まだ買いたいと
思うには至っていなかった。

しかし、その考えが変わって、結局買うことになった理由は以下:

•2011年にラスベガスのPuristS (時計コレクター向けの別のサイト)の
イベントにバルアーが参加した際、パネルデイスカッションで誰かが
「あなたの時計が動かなくなったらどうしますか」と聞いたら、
バルアーが「うちに工房に来てもらえれば、一緒にワインを飲んで
その場で私が直してあげる」と答えたこと。

•ジュネーブのSIHHの際に、ブルーダイヤルとプラチナのアップサイド
ダウンを見たとき、「いつかは買わなきゃ」と思ったこと。

fullsizerender1

•2013年にハリーウインストンがオーパス13を発表したこと。
ハリーウィンストンとのコラボはうまくいかず、バルアーは
スウォッチグループとのトラブルに巻き込まれたが、私は
独立時計師であるバルアーを直感的に支持したいと思った。

この時計がなぜ大好きなのか。

•ムーブメントと複雑機構は素晴らしく画期的で、非常に美しく
仕上げられている上、かなり頑丈であること。
(この後、ビデオを見せてムーブメントの仕組みを説明していますが
これは次の記事で詳しくご紹介致しますので割愛します)

•時間が読み難いのではないかと最初は心配だったが、正しい時間の
横のドットがあるため、意外と読みやすい

•ダイヤルのチタンの青い表面が無数の細かいきらめきを反射して
とても美しい。

•ケースの外縁がとても滑らかな仕上がりとなっていて、そこに
顔を近づけると自分の顔や周りが反映されているのが見えるが、
それが全て「アップサイドダウン(さかさま)」に映っていること。

•リュウズも手彫りで、プラチナの腕時計でよく見られるように
ホワイトゴールドでできているのではなく、ちゃんとプラチナで
できている。リュウズを守るガードも滑らかな曲線デザインなので
機能的でありながら、気にならないデザイン。

•B型のバックルもプラチナ製で、側面にLBのイニシャルが手彫りで
施されている。さらに、ケース裏にもモデル名とバルアールの名前と
シリアル番号が手彫りで入っている。

•化粧箱ではなく、サイン入りの革製ケースに入っているのも彼らしく
オリジナル。仕舞う時に場所をとらず、便利。

•どんな場でも着けられる万能デザインであること。
とくにこの色合いのアップサイドダウンはドレッシーでありながら
ジーパンにも合う。

「見て,見て!」と叫ぶようなデザインではなく、静かな威厳を持つ時計。

この時計は自分のコレクションの中でも「絶対に売却できない時計」の一つ。
うちの奥さんも気に入っていて使いたがるので、バルアーが彼女用の
ストラップも作ってくれた。

******

以上が世界のトップコレクターであり、この時計の実際のオーナー
でもあるゲッツ氏のコメントです。

このタイムピースの素晴らしさをお分かり頂けましたでしょうか。


ステラギャラリーでも、レディース用ストラップのご用意もありますので
ご試着頂けます。

img_8585


期待の若き独立時計師、ルドヴィック・バルアー。

彼の傑作を、是非一度お手に取ってご覧頂ければと思います。



明日は、この時計のムーブメントの特徴に特化した記事を
要約してご紹介いたします!!




お問い合わせはこちら
https://stella-polare.co.jp/contents/form_co/

ギャラリーご予約はこちら
https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html




株式会社ステラ・ポラーレ
ステラ・タイムピースギャラリー



2016年10月18日 (火曜日)
高級時計専門サイト Quill & Pad による、ジュネーブグランプリ予想記事より(2)

みなさま、こんばんは。

 

昨日の続きです。

 

錚々たるメンバーの集まる時計愛好家のための専門サイト「クイル&パッド」の、ジュネーヴグランプリの予想を行うコーナーにて、5人の寄稿者たちがそれぞれの予想を展開しました。

 

ルドヴィック・バルアーの「アップサイドダウン」を推したのはなんと!5人中・・・2人!!

 

ludovic-ballouard_upside_down

 

まず、この部門の定義はどのようなものなのでしょうか。

 

この部門の定義は

「機械式機構がその創造性と複雑さにおいて目立って優れている女性用腕時計」

となっています。

 

女性用だからといって「綺麗であること」は条件となってはいません。

しかし、女性が着けられるものでなければならないので、小さめの手首にも向いているもの、ということになります。

 

ルドヴィック・バルアーについてコメントした、4人の寄稿を要約しました。

 

 

◆イアン・スケレルン氏 (クイル&パッドの共同設立者の一人)

 

アールデコ調のダイアルを見たときの第一印象は、ネガティブなものだった。

しかし、ディテールを見れば見るほど、その美しさが見えてきた。

 

この時計は他の作品比べて、断トツでGPHGのカテゴリー定義に最もかなっている作品なので、ダイアルの装飾がどんなものであっても自分はこのカテゴリーの優勝作だと思う。

 

機械式機構の複雑さはA+。ムーブメントの裏を見れば一目瞭然。創造性という観点からもA+。

 

今の時間以外の数字が逆さというアイディアは天才的というしかない。

 

さらに、この時計を女性用高度メカ部門にエントリーしたバルアー氏の決断も天才的。

 

他の作品をはるかに越えている。

 

 

 

◆ギャリー・ゲッツ氏 (時計の大コレクター)

 

すでにアップサイドダウンを一本持っているからには、もちろんこの時計の大ファンだ。(詳細は別記事参照)

 

しかし、2010年に発表された作品であるため、「新しさ」という点でこのカテゴリーの他の作品に負けると思う。

 

しかし、ダイヤ、羽、マザーオブパールを使ったデイスプレイと、回転する円盤を使って秒針のかわりにしている点は気に入っている。

 

 

 

◆マーティン・グリーン氏(常駐の紳士ライター)

 

ルドヴィックのアップサイドダウンの多様性にいつも驚かされます。

 

一つお気に入りを買うと、息つく間もなく新しいデザインのものを持って、彼は私のところに来てくれます。

 

今回のモデル「アップサイドダウン/アール・デコ」では、彼は優雅さを強く打ち出すことに成功しました。

 

そして私は彼のダイヤモンドの使い方がとても好きです。
なぜなら機能的な部分(今回は秒表示部分)だけに限定して使い、アール・デコのイメージにそれを活かしているから。

 

あえてケース部分にダイヤモンドを入れないことによって、かえってデザインの強さが出ると思う。

 

楽しくて実用的な複雑機構の組み合わせによって、彼はどんな人にも完璧に似合う女性向け時計を作ることに成功したと思います。

 

 

 

◆ジョシュア•マンチョー氏 (技術に詳しい寄稿者、自称時計おたく)

 

人気作品のアップサイドダウンの女性版といえるこの時計は、このカテゴリーで二番目に好きな作品。(一番はルイヴイトン)

 

さまざまな仕上げや素材、質感を使って初期アール・デコのタペストリーを文字盤の真ん中に醸し出している。

 

マザーオブパールの外縁と回転する数字とあわせて、女性用腕時計として他の一線を画す。

 

しかし、なんといっても素晴らしいのが文字盤の下のムーブメント。

 

このムーブメント自体がこの上なく、美しい。

 

 

 

・・・確かに、美しいです。

 

img_8724

 

この記事の5人の寄稿者たちはそれぞれに下記のような予想を出しました。

 

各人の優勝予測作品:5人中2人がアップサイドダウンを予測
スケレルン氏:Ballouard, Upside Down
ナンシー•オルセン氏:Bulgari,Seprenti Incantati Tourbillon Lumiere
ジョシュア•マンチョー氏:L. Vuitton, Tambour Color Blossom Spin Time
ギャリー•ゲッツ氏:Christophe Claret, Marguerite
マーテイン•グリーン氏:Ballouard, Upside Down

 

さらに、この記事の中にリンクがあり、大コレクターであるギャリー・ゲッツ氏が、この作品に言及した記事を寄稿しています。
Why I Bought It: Ludovic Ballouard Upside Down, by GaryG 

 

こちらの記事もなかなか面白いですので、明日こちらで要約を載せたいと思います!

 

また明日もお楽しみに!

 


2016年10月17日 (月曜日)
高級時計専門サイト Quill & Pad による、ジュネーブグランプリ予想記事より(1)

みなさま、こんばんは。

 

世界にはたくさんの高級機械式時計のファンやコレクターが存在しますが、彼らが参考にしている情報サイトをご紹介したいと思います。

 

とても有名なのでご存知の方も多いと思いますが、ロゴマークに見覚えが・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そのサイトは、「Quill & Pad(クィル アンド パッド)」

 

主な寄稿者は

◆Elizabeth Doerr氏 (エリザベス・ドアー氏)

時計業界のトップジャーナリスト。

著書に独立時計師に関するものもあります。

 

◆Ian Skellern氏 (イアン・スケレルン氏)

時計業界のトップジャーナリスト。

同サイトの共同創設者でありテクニカルディレクター

AHCI(独立時計師協会)の25周年記念の本の執筆者でもあります。

 

◆GaryG氏(ギャリー・ジー氏)

大コレクター、ギャリー・ゲッツ氏がペンネーム?で寄稿しています。

 

◆Joshua Munchow氏(ジョシュア・マンショウ氏)

常駐の「時計おたく」ライター

 

◆Nancy Olson氏(ナンシー・オルソン氏)

常駐のペンエキスパート兼時計ライター

 

◆Martin Green氏(マーティン・グリーン氏)

常駐の紳士ライター

 

このような豪華な寄稿者の中から、2016年のジュネーブグランプリの予想記事が寄せられていますが、その中でも弊社が注目したのはこちら。

 

Quill & Pad’s Predictions In The Ladies’ High-Mech Category Of The 2016 Grand Prix d’Horlogerie de Geneve

<<女性向け高度機械式(ハイメカ)時計部門、ジュネーブグランプリ大賞受賞予想>>です。

 

最終ノミネート作品はこちらの6点になりますが、その中には、果敢にもこの大賞に立ち向かった、若き「独立時計師」の作品があります。

 

ladies_high-mech_gphg-2016-1500x1249

 

「ルドヴィック・バルアー/アップサイドダウン」 です。

 

そうそうたるブランドが立ち並ぶ中、よくここまで勝ち残ったなと思いますが、専門家たちの寄稿を読んでみると、確かにこの時計のシンプルさの裏側に隠された凄さがわかってくるのです。

 

ちなみに同ノミネート作品は、「ブルガリ」、「クリストフ・クラレ」「ジラール・ペルゴ」「ルイ・ヴィトン」「ユリス・ナルダン」です・・・。

 

すごい面子であることは、お分かり頂けるかと思います・・・。

 

明日は、その寄稿者たちによるアップサイドダウンの魅力を引き続きお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年10月3日 (月曜日)
アンティーク懐中時計美術館(15)

みなさま、こんばんは。

少しブログをお休みしている間に、10月になってしまいました。

今年も残すところあと3か月、早いですね。

これから一気に気温も下がって秋めいてくることでしょう。

 

秋といえば芸術の秋、新国立美術館ではダリ展も開催していますが、すてきな美術品に触れて心に栄養を補給されてはいかがでしょうか。

 

ステラギャラリーでも美しい時計を多数ご覧いただけます。

是非、お越しくださいませ。

 

本日の時計美術館はこちらの時計をご紹介いたします。

 

J. H. Wiedeking 社製 アンティークポケットウォッチ(22金)

ペアケース オープンフェイス キーワウンド ヴァージウォッチ

1760年製

 

img_9169

オランダ(ユトレヒト)J. H. Wiedeking 社製、ケース径 37ミリと小ぶりな懐中時計です。

 

img_9171

そしてこの時計はダブルケースになっています。

 

img_9179

外ケースの彫金は「レポゼ彫金」と呼ばれ、打ち出し技法のことを指します。

 

img_9181

ケース裏からこのように打ち出しているのですね。

非常に美しい彫金が施されています。

これで1700年代ですから、驚いてしまいます。

 

img_9182

鍵巻式で、この文字盤の裏にヴァージ式のムーブメントが見えるはずなのですが、ギャラリーには工具がありませんので開けずにそっとしております。

 

ちなみに、内ケースの透明蓋部分はプラスチック製のようなので、破損して作り変えている可能性が高いものです。

オーバーホールの際に、スイスの時計師にオリジナルに近いものに交換可能か確認したいと思います。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 


2016年9月28日 (水曜日)
ルドヴィック・バルアー「アップサイドダウン」

みなさま、こんばんは。

 

今日は、独立時計師「ルドヴィック・バルアー」氏を詳しくご紹介します。

 

ルドヴィックと言えばこの時計。

 

06_03_06_info_mini

アップサイドダウン マザーオブパール限定版

 

 

ルドヴィック・バルアー氏は、フランソワ・ポール・ジュルヌ氏のもとで愛弟子として7年間務め、満を持して自身のブランドを立ち上げた独立時計師です。

 

独立時計師協会(AHCI)では「キャンディデイト(準会員)」として登録されていますが、素晴らしい作品を生み出していることから、正会員とともに協会主催のイベントなどにも多数参加しています。

 

卓越したアイディア力を持ち、アップサイドダウンのムーブメントは「シンプルに見える複雑機構」とも言えるユニークな作りになっています。

 

ダイアルの数字表示がひっくり返っているということについては、過去の他社大手ブランドのデザインにも時計の外周に沿って数字の向きが並んでいる作品がありますから、さほど違和感を覚えません。

 

しかし、ルドヴィックの時計は今の時刻の数字だけ正しい方向を向くというカラクリがついているのです。

 

数字を一つずつ回してしまえ!!という発想が、シンプルですが誰も思いつかない斬新なアイディアでした。

 

ただし、このアイディアを実現化するには、時計のダイアル作りにかなりの労力がかかります。

盤面の一つ一つを綺麗にくりぬかなくてはならないのですから、素材選びも慎重に行われるのです。

 

 

独立時計師の時計はどのブランドも日本円にして1,000万円前後からの価格帯であり、全般的に高価なイメージが強いかと思いますが、その理由は「ムーブメントの独自開発」にあります。

 

ムーブメントの開発費用はどの複雑時計に関してもさほど変わりませんが、一つ出来上がったムーブメントに対しどれだけ作品を生み出せるかとなりますと、単独で製作している独立時計師は生産数が限られます。

 

生産数が限られても、一から自分の手で発想し作り上げる時計を生み出しお客様と分かち合いたい!と強く思うのが、「独立時計師」なのです。

 

もともと、本人が手掛ける数に限界があるのであれば、本当の意味で時計師のぬくもりや意思が伝わってくるようなブランドをご紹介したい、それがステラ・ポラーレのブランド選びの根底にあります。

 

ルドヴィックの作品、アップサイドダウンは「さかさま」という意味ですが、実はこの時計のケース側面は絶妙な仕掛けが施してあり、覗き込むと映り込んだその人が「さかさま」に映るのです!!

 

06_03_04_info_mini

 

ご自身の目で、このユニークで不思議なカラクリを確かめるためにも、是非ギャラリーに観にいらしてください。

 

ルドヴィックの狙いどおり、みなさまをワッと笑顔にしてくれることでしょう。

 

 

 

 

作品ページはこちらをご覧ください。

http://stella-polare.co.jp/contents/collection/06_03.html

★ステラ・ポラーレは日本で唯一の「ルドヴィック・バルアー」の正規取扱店です。

 

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 


2016年9月27日 (火曜日)
アンテイーク懐中時計美術館(14)

みなさま、こんばんは。

 

本日の時計美術館は趣向を変えて、ムーブメントの美しさと音色の美しさをご紹介いたします。

 

 

 

このミニッツリピーターの音色は、こちらの作品のものです。

 

image

パテックフィリップ アンティークポケットウォッチ(18金)

ミニッツリピーター、スプリットセコンズクロノグラフ

レバーウォッチ 1903年製

 

詳細はこちらをご覧ください。

アンティークポケットウォッチのご紹介(2)

アンティーク懐中時計美術館(2)

 

 

 

ミニッツリピーターは常にあこがれの存在です。

繊細なムーブメントなので、あまりケースを開けて鑑賞することはお勧めできませんが、このように動画でお伝えできるとその動きの美しさもお分かり頂けるのではないかと思います。

 

コンピューターが組み込まれているわけではないのに、今のこの時を正確に音で表す・・・

 

本当に素晴らしい技術ですね。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 


2016年9月26日 (月曜日)
アンティーク懐中時計美術館(13)

みなさま、こんばんは。

本日の時計美術館はこちらのペンダントウォッチをご紹介します。

 

C.H. MEYLAN 製  アンティーク ペンダントウォッチ 1910年製

 

image

 

プラチナの繊細な装飾が施してあり、金・エナメルのミニアチュールオープンフェイスが魅力的です。

 

image

 

ヘッド部分は取り外しもできます。

時計側を表にして付けることも可能です。

 

image

 

チェーンにもダイヤモンドが施されています。

 

image

 

ダイアルも非常に美しく繊細です。

 

image

 

C.H. MEYLAN(メイラン)社はスイスのハイグレード時計メーカーで、パテックフィリップに引けを取らない技術を持った高級時計メーカ―でした。

 

そのメイラン社のムーブメントを搭載し、非常に繊細なレースのようなプラチナ装飾にメレダイアモンドを施してあり、非常に美しいペンダントウォッチです。

 

細部にわたり、状態が非常に良く、アンティークジュエリーともいえる逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 

 

 

 


2016年9月25日 (日曜日)
アンティーク懐中時計美術館(12)

みなさま、こんばんは。

 

本日の時計美術館はこちらのペンダントウォッチをご紹介いたします。

 

E. BRONNER 製  アンティーク ハンターケース シリンダーウォッチ 1860年製

 

image

ケース表側の美しい肖像画が印象的です。

 

image

裏面もダイヤモンドがあしらわれています。

 

image

ポリクロームエナメル彩で描かれた女性像のティアラとネックレスにダイアモンド装飾が施されています。

 

image

 

image

ダイアルにはカバーは付いていないタイプです。

(針に触れることが出来ます)

 

image

 

image

キュヴェット(内蓋)がついており、シリンダーウォッチであることが表記されています。

 

そして、鍵巻式なので鍵穴が見えます。

 

 

image

ムーブメントはこのようになっています。

1800年代のシリンダーウォッチです。

 

 

image

 

ケース径 32ミリ(ワイド)で、一種のハンターケース仕様になっています。

エナメル彩のクオリティが非常に高く、美しい作品です。

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 


2016年9月24日 (土曜日)
アンティーク懐中時計美術館(11)

みなさま、こんばんは。

 

本日の時計美術館はこちらの懐中時計をご紹介いたします。

 

パテックフィリップ アンティークポケットウォッチ(18金)

レバー ドレスウォッチ 1925年製

 

image

GEO. T. Brodnax Inc. とのコラボレーション時計として販売された懐中時計です。

 

同社は、アメリカはテネシー州のメンフィスにある宝飾店。

当時は高級宝飾店とパテックフィリップとのコラボレーション時計が流行していたようで、そのうちの一つとなります。

 

銀製ダイアルに金製の数字が引き立ちます。

ダイアルには若干の曇りが見られますが、アンティークの味の良さを醸し出しています。

 

image

裏側と縁にエナメルの青と緑と黒の美しい色合いが金色に映え、しっかりと残っています。

 

image

エナメル彩の美しさが際立ちます。

 

image

ムーブメントにも、ダブルネームが入っています。

 

image

裏ぶたはヒンジの無いタイプです。

 

image

やはりこの薄さがドレスウォッチと呼ぶにふさわしく、魅力的です。

ケース径が45ミリありますので、存在感があります。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー

 


2016年9月23日 (金曜日)
アンティーク懐中時計美術館(10)

みなさま、こんばんは。

 

本日の時計美術館はこちらの懐中時計をご紹介いたします。

 

パテックフィリップ アンティークポケットウォッチ(18金)

レバー ドレスウォッチ 1928年製

 

image

2トーン(周囲はマット、中心は磨き仕上げ)ダイアルにブレゲ数字とブレゲ針のお洒落なドレスウォッチです。

 

image

裏面には葉型飾りモチーフのエングレービングが施されており、縁に若干のトーニングが見られます。

 

image

ムーブメントはこちら。

 

お気づきでしょうか。

 

こちらの懐中時計は、「ジュネーヴシール」の刻印があるのです。

 

image

2か所に押してあります。

 

image

拡大するとこちらです。

 

image

今回の懐中時計も薄型で、ヒンジのついていないタイプです。

ミュラスタイルという独特の黒エナメルが施された紋様入りで、当時の紳士のお洒落な様子がうかがえます。

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

https://stella-polare.co.jp/contents/form_gallery/index.html

 

株式会社ステラ・ポラーレ

ステラ・タイムピースギャラリー